超大型台風21号通過の朝 志摩市英虞湾真珠養殖場より

DATE: 10/24/2017

一般社団法人日本真珠振興会→HP
真珠検定→HP

おはようございます!
三重県志摩市英虞湾で、
アコヤ真珠の養殖をしている坂口るり子です。

台風21号は、英虞湾に大きな爪痕を残し、
過ぎて行きました。

台風一過の朝、
雨は上がるも暴風はなかなか止みません。

そんな中、
出来る限りの復旧作業に明け暮れる英虞湾の面々。

工場へ続く道は、土砂崩れ。

倒木や枝を片付けてやっと車が通るも、
たどり着いた工場は、見事に高潮被害(ToT)

石垣を乗り越えて打ち寄せた波で、
工場の周囲は漂着物でいっぱいです。

流木や壊れた筏の残骸、生活ゴミ、
海の為にもアコヤ貝たちの為にも、
すべて引き上げ片付けます。

私の工場は、床下浸水の高潮被害のみでしたが、

桟橋が落下した仲間の工場では、必死の力仕事。

「作業屋形の屋根が吹き飛んだ!」
「筏が切れた!」
…などなど、まだ被害の全容は見えません。

大切なアコヤ貝たちも、
沖の漁場は高波のためまだ確認が出来ず、
ヤキモキするばかり。

工場近くの筏に吊り下げたアコヤ貝たちは、
流れ込んだ泥水で濁った海の中、
ギュッと貝殻を閉じて耐えています。

大雨に備え、
いつもより深い水深まで吊り下げて対策を取っていたものの、
海水を採取して比重を測ってみると…

強風吹き付ける中、
ライフジャケットを頼りに、
筏の上を這うように、
更にロープを足してアコヤ貝たちを深いところへと、
大至急吊り下げました。

読みが甘かった!
もっと危機感持って対策しておくべきだった!
と、猛省です。

対策を怠った近隣の工場では、
更に一晩が経ち、
貝に異変があり危険な状態になったとか。

海の中で自然に生きている生き物たちと違い、
私たちの勝手で養殖され、
自由のきかないアコヤ貝たちの命は、
私たちの適切な管理に委ねられていることを
忘れてはいけないですね。

更に仲間から!
「ウチの沖の漁場のフロートの錨が切れてる」と(連絡が)。
知らせてくれてありがとう!

平常を取り戻すまでには、
時間がかかりそうな英虞湾ですが、
既に台風22号の影も見えはじめています。
今しばらくは、落ち着かない日々が続きそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です