志摩市英虞湾より 海を守る取組み 環境を守る取組み

DATE: 09/06/2017

一般社団法人日本真珠振興会→HP
真珠検定→HP

おはようございます!

三重県志摩市英虞湾で、
アコヤ真珠の養殖をしている、
坂口るり子です。

日毎、秋の足音が聞こえる英虞湾。
今朝は久しぶりの雨模様です。

・・・と、言うことで、
作業のタイミングもあり、お盆以来のお休みー!
いつも突然なのです(笑)

しかしながら、まずは朝イチ、
浜の様子だけは確認確認^ ^

そんな今日は、ちょっと環境のお話。

アコヤ真珠の養殖には、
海のコンディションがとても重要だと言うことは、
いつもお話させて貰っていますが、
その海を守る取り組み、知る取り組みについて少し。

日々、貝の管理に追われる英虞湾では、
いたるところで、アコヤ貝の付着物を掃除する作業船が
操業しています。

この船にはみな、貝掃除機械から出たゴミを漉し取る、
こんな箱が付いています。


海を汚さない大切なこと。

機械で落としきれなかった大きな付着物も、
ひとつひとつ根気よく、ナイフで剥がしとるので、
足元には沢山の牡蠣やフジツボが・・・。

これも海には流しません。

それでもやはり、海は様々な顔を見せます。
笑顔の時ばかりではありません。

また日々、水温、酸素量、比重のチェックはかかせません。
様子のおかしい時、そのサインを見逃さない事が、
アコヤ貝の命を守ることに繋がります。

本格的な機材は、とても手が出ないので、
こんなお手製の採水器を使って、海水を採取し、

借物の顕微鏡を使って、
有害なプランクトンが発生していないか、
餌となる珪藻類は沢山あるかを調べています。

私達が海をコントロールすることは不可能ですが、
環境を守り、上手く付き合っていければ、
きっと、私達に美しい真珠のご褒美をくれるはずです^ ^
志摩市英虞湾より 坂口るり子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です