真珠検定SA検定講座「マキと形」実習

DATE: 04/25/2016

皆さま こんにちわ
一般社団法人日本真珠振興会
真珠検定委員会です

4月6日に実施した真珠検定 SA検定講座
本日は「真珠のマキ」実習の様子です

講師担当は
倉本真珠(株)代表取締役社長 倉本達

今啓パール(株)細川貴士


 


マキも まずは珠で確認していきます

受講者一人づつに たっぷりの珠サンプルを手渡し
それぞれ マキの良いもの・普通のもの・悪いものに
選り分けていきます

初めは簡単 と思っても
見ているうちに 迷いが出てくるのは
テリでも体験したとおり

思いのほか時間がかかります

ひとりひとりにアドバイスを贈ります

 


また テリにプラスして
形とネックレスの関係性についても
細やかに説明

 


より真円を求めてきた養殖真珠の歴史から
価格は真円に近いほど高価になってくる傾向があること

 

それを逆に消費者サイドの立場から考えてみると
厳密に言えば真円ではないけれど
プロでなければまず気にならない程度の珠で
テリのとても良いものを組んだネックレスに
注目してみる
・・・というのもひとつの考え方かもしれない

単なる資格取得のための 教科書にとどまらない
さまざまな視点・観点も伝えます

より消費者サイドに立った考え方に
受講者の方からも「なるほど~」と納得の声が上がっていました

次回は「連相と各種実習」の様子をご紹介します


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です