2016/11/2 SA検定講座「真珠の連・その他」実習 (東京)

DATE: 11/15/2016

皆さま、こんにちは。

(一社)日本真珠振興会 真珠検定委員会です。

 

先日11月2日に東京でSA検定講座を実施しました。

実習の様子を一つずつ紹介しております。

今回は「真珠の連・その他」の実習です。

 

担当講師

小松 孝市 (株式会社 大月真珠)

 

荻村 亨 (株式会社 アクアテックインターナショナル)

 

こちらの実習では、主に核、色素、有機物について学びます。

 

模造真珠、貝パールのサンプルで、手触り、重量感、見た目をしっかり確認します。

 

真珠の核の種類、特色、製造過程、有機物の混入について、サンプルを交えて講師が丁寧に解説します。


 

母貝の有機物によるナチュラルグレー、

コバルト照射によるコバルトグレー、

皆さまかなり興味を持たれ、たくさんの質問が飛び交いました。

 

 

色素について、色素によって真珠の色がどう違うのか、

白い真珠を作るために、どのような過程を経てきたか、

講師の熱心な解説が続きます。

 

白い真珠が主流になってからは、

今ではあまり数がない黄色い真珠に、受講生の方からは、

「黄色い真珠もきれいですね。」

「日本人には黄色い真珠があうのかも。」

といったご意見も出ていました。

 

こんなに珍しいサンプルも!

 

こちらの他にも無核の天然真珠、ツインの南洋バロック等、

本当にたくさんの真珠を手にとって頂けました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です