10月3日ペア組み・連組(糸通し・クラスプ付け研修)終了

DATE: 10/04/2016

皆さま こんにちわ

(一社)日本真珠振興会 真珠検定委員会です
10月3日 SA限定フォローアップ研修として
東京にて「ペア組・連組」実習を実施
九州・東京・長野・愛知・三重・兵庫と
各地から受講いただきました
研修を担当下さったのは株式会社森パール様
講師は 同社職人の佐々木郁子氏

そして終始熱心にフォロー下さった
森社長と藤井寛SA


まずはペア組の実習
ひとりにつき、8mmサイズのルース50匁使い
イヤリング用のペアを組んでみます

窓に向かってすわり 自然光の中で
ペアになる珠を 選んでは置き直し…

「見れば見るほど分からなくなってきました」
「もう、自分でも何がしたいか分からなくなっています」
などと思わずため息も・・・

そして午後からは
連組(糸通し・クラスプ付け)の実習に
わかっているようでわかっていない
珠のサイズの概念を、測定器の使い方と共に解説

そして、糸通しの手法を丁寧に指導

手元の細かな作業を 参加者全員に見てもらえるようにと
カメラで手元をモニターに映写して説明下さいました
(森パール様、細やかなご配慮有難うございました)

糸が絡まったり、緩んだり、針が穴の中で引っかかったり


普段、簡単に職人さんに急ぎの連組を頼んでいたというSAの方からは
「ネックレスを組むのってこんなに難しかったんですね」など
改めてプロの技術に感じ入ったようでした
今回もアナウンス2日で受付終了した程人気の「連組系の研修」
次回は11月4日金曜日、東京にて実施いたします。

今年度最後の実習となり、
次に開催できるのはは2017年夏になるかと思われます。

お申込みお手続きは専用フォームからお願いいたします。
(※残席2席。お申込みが重なった場合は、先着順で締め切りとなります)
http://www.pearlexperts.net/theme205.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です