志摩市英虞湾より 核入れ作業開始です!

DATE:4/26/2018

おはようございます!
三重県志摩市英虞湾で、アコヤ真珠の養殖をしている、坂口るり子です^ ^

船のエンジン音が聞こえなくなった静かな英虞湾では、いよいよ核入れ作業の始まりです!

たくさんの牡蠣やフジツボに覆われている、このアコヤ貝、ピース貝と呼ばれる、真珠を生み出す為には、無くてはならない存在です。

また、母貝が詰められたこの黒いカゴも、冬の間に付着物に覆われ、網目が塞がっています。

厳しい冬の寒さや付着物で、死んでしまったり、傷んでしまうアコヤ貝達も沢山ありますが、英虞湾へと戻ってきて手入れをした後は、核入れ作業を迎えます。

核入れの机上へやってきた母貝とピース貝、一見すると同じに見える貝ですが、それぞれがその役割に応じた特徴を持っています。

ピース貝の貝殻の中の鮮やかな色は、美しいアコヤ真珠を生み出す為の美しさ。鮮やかな色をたたえていることが大切です。

母貝の貝殻は、ピース貝とは少し違った色合い。これから長い間、体内に大きな核を抱いて育っていく為、核入れに適した肉質や、丈夫で元気な素性が大切。

ピース貝から切り取った、小さな小さな欠片と真珠核が、職人の手でしっかりと母貝の体内へと挿入されると‥

さて、今シーズンも真珠の神秘のはじまりです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です