志摩市英虞湾より アコヤ貝たちがこの先無事 元気に真珠を育んでくれることを祈るばかり

DATE: 06/26/2017

一般社団法人日本真珠振興会→HP
真珠検定→HP

おはようございます!
三重県志摩市英虞湾で アコヤ真珠の養殖をしている
坂口るり子です

英虞湾も梅雨本番・・・
雨による比重の低下や 日照不足による酸欠など
デリケートな時期を迎えています

そんな中 春から続いていた核入れ作業も一区切り
その結果を占うイヤ?な作業が始まりました

真珠の浜揚げが成績発表ならば
これは中間成績発表というところでしょうか?

核入れ後のアコヤ貝たちは
養生カゴと呼ばれる この四角いネットに並べられ
暫くの間 まさしく養生させています

しかしながら 核入れをしたアコヤ貝たちが
すべて元気に回復して 真珠を育ててくれる訳ではありません

養生中から死んでしまうものも少なくなく
死んだ貝殻の中に ポツンと残った核が悲しいです・・・

それだけでなく
核入れ作業で挿入した真珠核を
吐き出してしまったり
挿入した位置から動いてしまうものも
多くあります

そこで活躍するのが レントゲン装置!

核はちゃんと入っているか
核の位置は正常か
ひとつひとつモニターで確認して 仕分けをします

アコヤ貝のど真ん中に真珠核が写ればオッケー!

中心からズレていたり 写っていなければアウトです

レントゲン装置の仕分けボタンを押す音が
ツラく耳に残る今日この頃(笑)

残ったアコヤ貝たちが この先無事
元気に真珠を育んでくれることを祈るばかりです
坂口るり子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です