養殖女子は髪型にもひと工夫!

おはようございます!
三重県志摩市英虞湾で、アコヤ真珠の養殖をしている、坂口るり子です。

英虞湾は、核入れ作業最盛期です!

4月下旬から始まった作業は、怒涛のGW10連勤を過ぎ、まだまだ続きます。

働き方改革も何のその。予定表には「6月25日休日」の文字が輝いています(笑)良い時期を逃さぬ為には、、、今シーズンの目標は、端数の65日休むこと。どうかハプニング少なめで順調にお願いします!

さて、「核入れ始まりました」のリポートも何年目でしょうか?毎年単調な記事になりがちなので、今日はまた、少し脱線して、女子ならではの⁈「毛」のお話を少し。

核入れ作業に使用するメスは、切れ味を保つため、砥石やペーパーで研いだ後、切れ味を確認します。

そんな時、試し切りをするのが指毛(笑)。スパっと切れればOKです。切り過ぎて試せる指毛が無くなったなんて笑い話は養殖屋あるある。指毛を大切にする女子っておかしいですね。

さらに、髪の毛にも、女子ならではの工夫が。養殖屋になってから、髪は常にセミロング。

馴染みの美容師さんも心得たもので、シーズンインが近づくと、髪のボリュームを減らして、1つ結びが出来るギリギリの長さにカットしてくれます。似合う髪型の提案も要望も、お互い一切話しません(笑)

巻き込み防止など、船の作業の安全の為にも、髪は後ろで束ねて垂れないように。汗とりのバンダナがトレードマークです。

女子力低めの養殖女子ですが、今朝も指毛を切りながら、コツコツ核入れ作業の始まり始まりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です