真珠にまつわる現場からのレポート

DATE: 04/04/2016

皆さま こんにちわ
一般社団法人日本真珠振興会
真珠検定委員会
 です

真珠は貝の中で育まれるもの ということは
よく知られているかと思います


ただし 単に貝の中で自然に育っていくものではなく
一粒の真珠ができるまでには
ひとの手が数千回かかっているといわれています

要する時間も

真珠を育てるための貝そのものを
稚貝から育てることから始まり
“浜揚げ”と呼ばれる 真珠を取り出すまでだけでも
約3~4年かかります

(もちろん その後も 多くの工程を経て
やっと 私たちが普段店頭で出会っている
美しいジュエリーとなります)

ここでは
普段 あまり見聞きすることのない
真珠に関わる現場の様子を
各地の職人や関係者の方がたから
レポートしていただきます

一粒の真珠にこめられた
幾千の想いを 感じていただけたなら幸いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です