志摩市英虞湾より 海の恵みをいただく者の努め

DATE: 08/04/2016

おはようございます!
三重県志摩市英虞湾で アコヤ真珠の養殖をしている
坂口るり子です。

 

英虞湾はいよいよ夏本番!
気温も海水温も
ぐんぐん上昇しています(>_<)


アコヤ貝達には、
そろそろクールダウンのひと雨が欲しいところ‥

真珠養殖では、
海の状態が貝に適正かどうか、
常に監視する事が、とっても大切。

水温、比重、酸素量の観測、
海水を採取して善玉悪玉プランクトンを
顕微鏡で調べたりもします。

こうやって核入れ作業が完了した貝を、
ネットに並べて筏に吊り下げるのも、
ひとつひとつの貝達が、快適な水深の中で、
餌の取り合いをしなくて良いように、
整然と並べてあげてるんです。


だから、筏にも大切な決まりごとがたくさん^ ^

過密養殖にならないように、
筏に吊り下げられる貝の数にも制限があるし、
もちろん、筏の種類も英虞湾では、
アコヤ貝用、牡蠣用などと分かれた漁場のルールがあるんです。

海の恵みをいただくものの努めとして、
ルールを守ることが、貝を守ること、生活を守ることに
繋がるのです^ ^

海に恥ずかしくない仕事をしよう!

一般社団法人日本真珠振興会→HP
真珠検定→HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です