志摩市英虞湾より アコヤ貝の“きれい”をサポートがお仕事

DATE: 06/21/2016

おはようございます!
三重県志摩市でアコヤ真珠の養殖をしている
坂口るり子です。

伊勢志摩サミットも終わり、
英虞湾にはいつもの穏やかさが戻ってきました。


季節が進むにつれ、海の中にも変化が‥^ ^

英虞湾には、
雨が降れば豊かな里山からの水が流れ込み、
お天気になれば、暖かな日差しが差し込み、
栄養豊富な海水の恵みをいただいています。

真珠を育むアコヤ貝達は、
餌となるプランクトンを沢山食べて元気に育ちます。

しかし‥そんな豊かな海の中には、
牡蠣やフジツボ、ホヤなど、
アコヤ貝と同じようにプランクトンを食べて育つ
生物も沢山います。

アコヤ貝には、
そんな生物が付着してしまうので、
定期的なお掃除が必要です。

付着物は、餌を取り合うライバルでもあり、
健康状態を保つ妨げになる汚れでもあるからです。

そこで、
船の上にあるこの大きな機械の登場!


水圧を利用して、
貝の付着物を洗い落とします。

筏に吊るしてある、
吹き流しと呼ばれるネット籠に並んだ貝を、
海から引き上げ、
機械の中を通っていくと・・・

 


キレイになったアコヤ貝達が!

 

アコヤ貝達に美しい真珠を育んでもらうため、
私達は様々な作業を繰り返し行って、
貝をいつもベストな状態に保ってあげなければなりません。

それが最も大切なお仕事、いや サポートなんです^ ^
一般社団法人日本真珠振興会→HP
真珠検定→HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です