志摩市英虞湾より 核入れ作業が始まりました!

DATE: 05/05/2016

おはようございます!
三重県志摩市で真珠の養殖を行っています
坂口るり子です


養殖現場では、
いよいよ真珠の核入れ作業がはじまりました。

世間ではGW真っ只中ですが、
核入れは今が作業のGW期間!
寸暇を惜しんで励んでいます。


桜の花の咲く頃、英虞湾に戻ってきたアコヤ貝達は、
様々な手入れを経て、
核入れにベストな状態へと仕立てられます。

そして、ツツジの花の季節になるといよいよ、
核入れ作業に突入です。

核入れ技術はもちろんのこと、
核入れ作業をするアコヤ貝の状態や、
海のコンディション、全ての条件が整わなければ、
美しい真珠は生まれません。

この時期、養殖現場の職人達は、

長年の経験やデータ、時には勘や挑戦など、
自分の持つ技術のすべてを注ぎ込み、
貝の声海の声を聞こうと試行錯誤しています。
さぁ、今年も賽は投げられました!

美しい真珠の生まれることを祈りながら、
ひとつ、またひとつと頑張ります^ ^

一般社団法人日本真珠振興会→HPはこちら
真珠検定→HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です