長崎県訪問 若手養殖業者による高品質真珠生産体制構築に向けた合同研修会の様子をレポート

おはようございます!
三重県志摩市英虞湾で、アコヤ真珠の養殖をしている、坂口るり子です。

いつもは英虞湾の海の便りをお届けしているレポートですが、今日は英虞湾から遠く離れた、長崎県を訪問した際のひとコマです

アコヤ真珠の養殖は、私が養殖を営む英虞湾のある三重県の他にも、愛媛県や九州地方で広く営まれています。

日本真珠振興会の次世代中核的人材支援事業にて活動している若手養殖業者が、地域の垣根を越え、高品質真珠生産体制構築に向けた合同研修会を開催し、意見交換・技術交流を行いました。

門外不出一子相伝、そんな時代を経て今、私達の世代は私達なりの、生き残りや継承について考えています。その一つとして実現した今回の得難い貴重な体験を、しっかりと胸に刻んでいます。

さてさて、いつもの私の養殖場の風景にも、訪問者の姿が。

里海泊事業推進協議会のアテンドで、鑑別機関IGI(上海)教育プログラムツアーの皆様、そして英国宝石学協会ツアーの皆様を養殖場見学にお迎えしました。

 

アコヤ真珠養殖について、深く細部まで熱心に質問が飛び交い、これまた合同研修会かと思う程の濃密な時間となりました。

普段は、自分の目の前にあるアコヤ貝のことで、いっぱいいっぱいになりがちですが、顔を上げて周りを見ると、真珠愛に溢れたこの業界が好きだなぁと再確認します^ ^

自称真珠バカを公言される、どこかの真珠博士さんのように、何でも真珠に結びつけちゃう、真珠真珠真珠の毎日。やっぱり私も、仕事バカではなく真珠バカの1人なんでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です